PMSとホルモンバランスについて

sohhuit女性は、月経前になると、様々な辛い症状が出ることがあります。
月経前に体や心に起こる様々な症状のことを、月経前症候群と言います。
月経前症候群は、略してPMSと呼ばれることが多いです。
PMSの症状には、大きく分けて体と心の症状があります。
体の症状では、頭が痛い、体がだるい、腰が痛いといった症状が多く、心の症状では、気分が落ち込んだり、イライラしたり、神経が過敏になるという症状が多いです。
PMSは、症状が重くなってしまうと、家事や仕事にも大きな支障が出る場合があります。
また、心の症状が悪化すると、人間関係も悪くなることがあります。
中には、自分の抱えている症状が、PMSによるものだとは気づかないで悩んでいる人もいます。
PMSは、一般的に月経の1週間ほど前から症状が現れます。
そして、月経が来ると、症状が軽くなることが多いです。
PMSの原因は、未だにはっきりとは解明されていません。
ただ、ホルモンバランスが急激に変化することで、様々な不調が起こると考えられています。
排卵後から月経までの期間に、女性ホルモンの分泌量は激しく変化します。
また、セロトニンなどの脳内物質の分泌量が減少するので、そのことが女性の体や心に大きな変化を起こすのです。
ですから、PMS対策としては、自分のホルモンバランスをチェックし、ホルモンバランスを整えていくことが大切なのです。
女性の中でも、完璧主義で几帳面な人ほど、月経前症候群の症状が出やすいと言われています。
自分があてはまると思う人は、なるべくストレスをためないようにして、体と心を大切にする必要があります。
ただ、PMSの場合、自分でケアしても、なかなか症状が改善されないことも多いです。
そのような時は、婦人科の医師に相談するといいでしょう。
婦人科では、女性ホルモンや更年期障害、体と心の不調など、様々な相談を受け付けています。
また、場合によっては隠れた病気を発見できるケースもあるので、気になる症状があれば、早めに婦人科で診断を受けるようにしましょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>