DHA・EPAはコレステロールを下げてくれる?

DHA・EPAは、健康な生活に必要な必須脂肪酸です。
脂肪酸は、油脂を構成する要素のひとつで、油脂の中の脂肪酸は油であっても体調を整える働きをしています。
DHA・EPAは、n-3系多価不飽和脂肪酸のひとつで青魚に多く含まれている成分で、特徴は飽和脂肪酸と比較して融点が低く、常温でも固まりにくいことです。多価不飽和脂肪酸は体外から摂取する必要があり、これらを必須脂肪酸と言います。
DHA・EPAは同じものではなく、それぞれに効果や効能があります。

EPAは、いわしやさば、あじなどの青魚に多く含まれます。効果は、花粉症やアトピー性皮膚炎の緩和、美肌効果、血液中の悪玉コレステロールを減らし血液の流れを正常にする働きがあることから生活習慣病の予防、ダイエット効果が期待できます。DHAは、脳の発達促進、EPAと同様に生活習慣病の予防、視力アップなどです。

それぞれの効能から、DHA・EPAは特にコレステロールを下げる効果が期待できるのです。
DHA・EPAは魚に多く含まれており、サバ、真鰯、ブリ、サンマ、生のすじこ、あん肝などに含まれています。

動脈硬化を促進する原因にコレステロールがあります。血中にコレステロールが増えると血管が硬化して、余分なコレステロールが血管壁に貼りついて血栓ができやすくなります。
DHA・EPAが優れているのは、血管壁に貼りついた血栓をつくる原因にもなるLDLコレステロールを減らし、血管壁に貼りついた悪玉コレステロールを回収し、肝臓へ流す役割がある善玉コレステロールを増やすことです。
コレステロール値が高くなる理由は、余分なコレステロールが肝臓へ回収されずに血中に溜まるためです。余分なコレステロールを回収し肝臓に流す善玉コレステロールが増えることでコレステロール値は低下していきます。

コレステロール対策には、悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げることが大切で、それを可能にするのがDHA・EPAなのです。
コレステロール値を下げるには食事療法が重要で、マグロ、サンマなどの青魚を積極的に摂取すること、またはサプリメントを活用しDHA・EPAを摂取することです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>