脂質異常症には3タイプある?それぞれの特徴とは?

脂質異常症とは以前は高脂血症と呼ばれていました。血液中のコレステロールや中性脂肪(トリグリセライド)のなどの脂質成分が基準を上回る状態を言います。以前の診断基準では、総コレステロール量と中性脂肪の値が基準とされていましたが、LDL(悪玉)コレステロールが高異場合はよくないし、HDL(善玉)コレステロールが低い場合はよくないことから、現在では高LDLコレステロール血症、低HDLコレステロール血症、高トリグリセライド血症の3タイプに分類されています。

高LDLコレステロール血症は、LDLコレステロール値が140mg/dl以上であると診断されます。体内の脂質成分は食事を反映しています。高LDLコレステロール血症の人は、動物性脂肪の多い肉類や乳製品を多くとっている傾向があります。また、コレステロールを多く含む魚卵なども多くとっている人が多いのです。そして、食べすぎ手肥満の人も多いタイプです。喫煙はLDLコレステロールを増やしてしまいます。

低HDLコレステロール血症は、HDLコレステロール値が40mg/dl未満であると診断されます。HDLコレステロールが減少する原因としては、肥満や喫煙などがあげられます。また、運動不足により減ることもわかっていて、逆に適度な運動をすることによりHDLコレステロールを増やすことができます。

高トリグリセライド血症は、食べ過ぎや飲みすぎが主な原因です。脂肪の多い肉類などの食事や甘いものの摂りすぎがあげられます。カロリー過剰な状態により起こるのです。また、アルコールの飲みすぎにより中性脂肪は増えてしまいます。

高LDLコレステロール血症や高トリグリセライド血症は、肉類を減らし、植物性のたんぱく質を食べることにより改善可能です。豆腐や納豆などの大豆製品を積極的に食生活に取り入れましょう。また、魚介類に含まれる不飽和脂肪酸は、LDLコレステロールを減らす働きがあり、ビタミンCやEなどを含む野菜や果物を取ることによりLDLコレステロールの酸化を抑えることができます。
いずれの脂質異常症でも、食生活や生活習慣を改善しましょう。

高脂血症(脂質異常症)の食事

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>