シトルリンをサプリではなく多く含む食品から摂取する場合

アミノ酸の一種のシトルリンは、滋養強壮のために有効となる栄養ですが、サプリでなければ摂取できないことはありません。実際には珍しい栄養ではなく、食卓でお馴染みなウリ科の野菜に多く含まれています。スイカは代表的なもので、シトルリンという名前の由来にもなりました。

夏場の時期は、ウリ科の野菜が安価で市場に出回るようになり、シトルリンを最も吸収しやすくなります。スイカは寒涼性の食材であり、利尿作用もあるために、夏の暑さでほてった体を冷やすために重宝されてきました。シトルリンも豊富に含まれていることで、夏バテを予防する力も強くなり、秋に向けて必要な栄養の供給源にもなります。

ウリ科の野菜の中では、きゅうりにもシトルリンが含まれ、スイカと同様に利用することができます。きゅうりは浅漬けにしたり、サラダにして食べることで、シトルリンを効率よく吸収できます。生で食べるだけでは飽きてしまうこともありますから、中華料理の技法を活用して、炒め料理で使うこともおすすめです。古漬けになったきゅうりについても、塩抜きをしてから油炒めにして食べれば、滋養成分を余すことなく摂取できます。

スイカやきゅうりは、促成栽培の技術が向上したおかげで、今では1年を通して利用できます。冬の時期でもシトルリンが豊富な食材を利用できるのは嬉しいことですが、体を冷やしすぎないように配慮することが大切です。冬にスイカを食べるときには、温性の食材と合わせて利用すれば、体の冷えを同時に予防できます。きゅうりの料理にはショウガや唐辛子を合わせるようにすると、シトルリンの作用と合わせて、発汗で体を丈夫にさせる力が働きます。

スイカときゅうりを毎日のように食べるのは大変ですが、料理の工夫で解決できます。スイカはジュースにして飲むようにすると、飽きずに続けやすくなります。きゅうりは副菜として頻繁に食卓に並べながら、おやつとしても食べるようにすれば、シトルリンの不足も防げます。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>